貧血
猫,貧血貧血Q&A

猫の貧血って?

猫の感染症モバルトネラ症について

貧血

猫の貧血病気や貧血は人間だけに起きるものではありません。
動物にも貧血症状が表れることがあり、また特定の動物しかかからない病気もあります。

猫だけがかかるといわれている感染症の一種、ヘモバルトネラ症について紹介します。

原因や貧血が起きる仕組みなど

ヘモバルトネラ症とは猫も人間と同じように、感染症にかかると元気をなくします。
ご飯を食べなくなったり、息が苦しそうだったら、ヘモバルトネラ症かもしれません。

ヘモバルトネラ症の原因や貧血が起きる仕組み、症状などを紹介していきましょう。

寄生虫ヘモバルトネラが原因です

ヘモバルトネラ症とはネコ特有の感染症です。
猫伝染性貧血や猫ヘモバルトネラ症、ヘモプラズマ症などと呼ばれることもあり、名前が表す通り猫しかかかりません。

ヘモバルトネラ症の原因は、ヘモバルトネラ(ヘモプラズマ)という寄生虫の感染です。
ヘモバルトネラは猫の体内に侵入すると、血液の赤血球に付着します。

本来であれば、抗体は寄生虫のみを敵と認識するべきなのですが、赤血球に寄生しているので正しく判断することができません。
ヘモバルトネラが寄生した赤血球も攻撃の対象となり、結果、破壊されてしまいます。
また、古くなった赤血球を破壊する臓器、脾臓によって壊される場合もあります。

元気や食欲がなくなったら病院へ

ヘモバルトネラの感染経路はさまざまです。
具体的には、蚊・ダニ・ノミなどの吸血昆虫による媒介、野良猫とのケンカ時にできた咬み傷、親から菌を受け継ぐ垂直感染、授乳や産道感染などが考えられています。

ヘモバルトネラに感染した猫は、元気消失します。
食欲が落ち、苦しそうに呼吸をするので、大抵の飼い主はおかしいと気が付きます。
感染したばかりの頃には発熱もしばしば起こりますが、だんだん熱は下がっていきます。
反対に体温が低下していた時は、貧血が進行していると考えてよいでしょう。

また、これらの他にも黄疸や歯茎の白色化、脾腫といった症状が表れることもあります。
脾臓が腫れた場合、お腹が目に見えて膨れるのでわかりやすいです。
重症化すると命を落とすこともあるので、疑わしければすぐに病院へ連れて行きましょう。

表れたり消えたりする!?

ヘモバルトネラ症は、血液検査によって調べます。
猫から血液を採取して、顕微鏡で見てみると、感染していた場合は赤血球のまわりに粒がくっついている様子が確認できます。

ただし、必ずしも見られるとは限りません。
ヘモバルトネラは、周期的に表れたり消えたりする幽霊のような性質を持っているため、1度の検査ですぐに発見できるわけではないのです。
ですので、診断のためには数日にわたって検査を行う必要があります。

検査によってヘモバルトネラが検出されたら治療を行います。
主流となる治療は、テトラサイクリン系の抗生物質の投与ですが、貧血が重度の場合は、輸液や輸血、酸素吸入といった対処が必要になります。

なお抗生物質を用いても、ヘモバルトネラを完全に死滅させることはできません。
免疫力が低下すると、潜伏していたものが活動をはじめ再発する恐れがあるので、ストレスをかけないよう注意してあげて下さい。

【貧血cure】コンテンツ分類
  • 【貧血の基礎知識】原因や症状を知り早期治療のための検査・診断の詳細をご紹介
  • 【自分でできる貧血対策】食事・食べ物、サプリやアロマで症状の改善・予防しましょう。
  • 【貧血症状が表れる病気】がんや白血病、腎不全やリュウマチなどのサインかも!?
  • 【貧血Q&A】遺伝なの?女性に多い理由とは?運動は駄目?猫の貧血!?などの疑問を解決!
【貧血cure】コンテンツメニュー
  • 食事で治す - 貧血を予防・改善する料理レシピ
  • 飲み物に注意 - 緑茶やコーヒーは貧血に悪い?
注目記事(貧血cure)ランキング