貧血
スポーツ性貧血貧血Q&A

激しい運動は危険?

激しい運動が危険なわけ

貧血

運動と貧血の関係一般的に運動は体に良いとされていますが、必ずしもそうとは限りません。
体への負担が大きいスポーツを続けると、貧血などの障害を起こしかねないので危険です。

激しい運動をすると、なぜ貧血を引き起こすことがあるのでしょうか。

発症の原因やメカニズム

スポーツ性貧血とは貧血に大きく関与しているのは赤血球やヘモグロビンです。
これらにダメージを与えるような激しい運動をすると、貧血症状が表れることがあります。
また、体を激しく動かすことによりある栄養素が失われてしまうことも原因の1つです。

スポーツ性貧血が起きる原因や、そのメカニズムなどを詳しく説明していきましょう。

なぜスポーツが貧血を起こす?

一口に貧血といっても1種だけではありません。
さまざまなタイプがあり、それらは原因が何であるか、赤血球の大きさ・血液中のヘモグロビン濃度といった観点から分類されています。

なかには激しい運動が引き金となる貧血もあります。それは、バレーボールやマラソン、剣道やバスケットボールといったスポーツをする人に多くみられるスポーツ性貧血です。

スポーツ性貧血かどうかを診断するには血液検査が必要です。
検査項目には、ヘモグロビン濃度、赤血球数、血清鉄、血清フェリチンなどがあります。
基準値の例としては、血中ヘモグロビン濃度の場合、男性では13.8g/dl以下、女性では11g/dl以下となっています。

衝撃で赤血球が壊れるため

一体なぜ、健康促進に役立つはずのスポーツが貧血の原因になるのでしょうか。
マラソンやバレーボールなどは、足の裏を強く地面に打ちつけるスポーツです。
赤血球はごく薄い膜で覆われているため、強い衝撃を受けると形状を保つことができません。
何度も衝撃を加えられると簡単に壊れてしまいます。

ヘモグロビンは、肺から酸素を受け取るための重要な物質す。
赤血球が破壊されると、なかのヘモグロビンが漏出してしまいますので、全身の細胞や組織に十分な酸素を送り届けることができません。
その結果、めまいなどの貧血症状が表れるというわけです。

汗をかくと鉄分が失われる!

激しいスポーツが貧血を起こすもう1つの理由、それは汗です。
体を動かしてたくさん汗をかくと、汗と一緒に体外に鉄分が出て行ってしまいます。
鉄分は大切なヘモグロビンの材料ですので、不足すると体への十分な酸素供給がされなくなり、貧血を引き起こします。

貧血は多種であり、発症のメカニズムもいろいろです。
スポーツ性貧血は、赤血球の破壊や鉄分不足が引き金となる貧血ですので、溶血性貧血と鉄欠乏性貧血に該当すると言えます。

栄養素を補充して予防しましょう

激しい運動を無理に続けると、貧血で倒れてしまう人もめずらしくありません。
スポーツ性貧血を予防するには、赤血球の破壊をできるだけ食い止め、汗で失われた鉄分を補う必要があります。

赤血球の破壊を防ぐには、衝撃吸収の機能に優れたスニーカーを履くなどして、足の裏を保護するようにしましょう。

鉄分を多く含む食品を意識して食べることも大切です。
また鉄分以外にも、ヘモグロビンの構成に必要なタンパク質や、ビタミンB12・葉酸といった栄養素の補給も貧血予防に繋がります。

【貧血cure】コンテンツ分類
  • 【貧血の基礎知識】原因や症状を知り早期治療のための検査・診断の詳細をご紹介
  • 【自分でできる貧血対策】食事・食べ物、サプリやアロマで症状の改善・予防しましょう。
  • 【貧血症状が表れる病気】がんや白血病、腎不全やリュウマチなどのサインかも!?
  • 【貧血Q&A】遺伝なの?女性に多い理由とは?運動は駄目?猫の貧血!?などの疑問を解決!
【貧血cure】コンテンツメニュー
  • 食事で治す - 貧血を予防・改善する料理レシピ
  • 飲み物に注意 - 緑茶やコーヒーは貧血に悪い?
注目記事(貧血cure)ランキング