貧血
原因貧血の基礎知識

原因

貧血を起こす原因

貧血

貧血の原因貧血は鉄分の不足というイメージが一般的ですが、貧血に関係している栄養素は鉄分だけではありません。
また栄養不足だけでなく、さまざまな病気や障害がきっかけとなることもあります。

ここでは、貧血を引き起こす原因とされているものを紹介します。

どんな栄養素や病気が関係するか

原因となる栄養素と病気貧血は、鉄分のほかビタミン12などの栄養素や、多種の病気・障害が関係しています。
これらが貧血を引き起こすメカニズムや、それぞれどんな種類の貧血を引き起こすのかを説明していきましょう。

鉄分、ビタミンB12、葉酸の不足

鉄分の不足

貧血にはさまざまな種類がありますが、70%は鉄欠乏性貧血であるといわれています。
鉄欠乏製貧血の原因は、名前から察しがつくかと思いますが鉄分の不足です。

鉄分は、酸素分子と結びつく性質をもったヘモグロビンを構成するための重要な材料であり、不足すると貧血を引き起こします。

ビタミンB12・葉酸の不足

ビタミンB12は赤血球の産出に欠かせない葉酸の働きを助けている栄養素です。
ビタミンB12が不足すると、正常な赤血球が作られなくなるため、大球性正色素性貧血(巨赤芽球性貧血)の一種であるビタミンB12欠乏性貧血が引き起こされます。

また葉酸が不足することでも貧血は起こり、その場合は葉酸欠乏性貧血と呼ばれます。

自己免疫疾患やガンも引き金に

自己免疫疾患

自己免疫疾患によって引き起こされる貧血には、大球性正色素性貧血(巨赤芽球性貧血)の一種である悪性貧血があります。
自己免疫疾患とは、自分の正常な細胞や組織を攻撃してしまう疾患の総称であり、攻撃の対象が胃の粘膜になる場合があります。
すると胃の粘膜が萎縮してしまい、ビタミンB12を含むビタミン類を吸収するために欠かせない内因子を分泌することができません。

また胃酸の分泌量も低下してしまうので、鉄分の吸収障害も引き起こすことがあります。

悪性腫瘍(がん)

悪性腫瘍つまり癌が貧血の原因となる場合もあります。癌の種類としては胃がんや大腸がんなどが挙げられ、患部から慢性的な出血があるために貧血を起こしやすくなるのです。

なお、この場合は鉄欠乏性貧血の症状がみられます。
また出血がなくとも、癌が悪化して骨髄に転移することで、貧血が起きることもあります。

骨髄は赤血球を産出する重要な場所ですので、ここが障害されると重い貧血が表れます。

赤血球が壊れる溶血も関係する

赤血球の細胞膜が損傷を受け、赤血球が壊されることを溶血といい、貧血症状が表れる原因の1つです。
溶血は、検査のために体外に出された血液が、遠心分離機などで機械的なストレスをかけられた時によく起こりますが、他にも酸やアルカリなどの化学的要因、赤血球酵素の異常もしくは欠乏、免疫反応、ヘビや蜂の毒、細菌の毒素などで起きることもあります。

なお、溶血による貧血の場合は、溶血性貧血や自己免疫性貧血などと呼ばれます。

造血幹細胞が減ると血球も減る

骨髄のなかには、赤血球、白血球、血小板を作り出す造血幹細胞があります。
この造血幹細胞が減少すると、血球の産出量も減ってしまいますので貧血が起こります。
造血幹細胞が減る原因には、鎮痛剤や抗炎症剤、抗生物質といった薬剤が骨髄に障害を与えるなどが考えられますが、原因がわからない場合もあります。

なお、生まれつきの先天性再生不良性貧血や、何らかのきっかけで発症する後天性再生不良性貧血は、造血幹細胞の減少を原因とする貧血です。

【貧血cure】コンテンツ分類
  • 【貧血の基礎知識】原因や症状を知り早期治療のための検査・診断の詳細をご紹介
  • 【自分でできる貧血対策】食事・食べ物、サプリやアロマで症状の改善・予防しましょう。
  • 【貧血症状が表れる病気】がんや白血病、腎不全やリュウマチなどのサインかも!?
  • 【貧血Q&A】遺伝なの?女性に多い理由とは?運動は駄目?猫の貧血!?などの疑問を解決!
【貧血cure】コンテンツメニュー
  • 食事で治す - 貧血を予防・改善する料理レシピ
  • 飲み物に注意 - 緑茶やコーヒーは貧血に悪い?
注目記事(貧血cure)ランキング