貧血
貧血,種類貧血の基礎知識

種類

いろいろある貧血の種類

貧血

貧血の種類とは?貧血が引き起こされる原因は1つではありません。
生まれつきの場合もあれば、後天的なトラブルが引き金になることもあります。

ここでは原因や赤血球の状態などにより分類されている、色々な貧血を紹介しています。

分類の仕方やそれぞれの特徴など

それぞれの種類と特徴貧血と一口に言ってもさまざまなタイプがあります。
貧血の有無を調べることも大切ですが、どのタイプに該当するかを調べることも大切です。

貧血の分類の仕方や、多種の貧血それぞれの特徴などを紹介していきましょう。

赤血球とHbの状態をあらわす言葉

人間の場合、赤血球の大きさは約8μmが正常です。もしこのサイズより大きかったり小さかったりした場合、さまざまな貧血症状が表れます。
また血液中のヘモグロビン濃度が低くなることでも、貧血は引き起こされます。

赤血球のサイズも血液中のヘモグロビン濃度も、貧血を診断する上で欠かせない情報です。これらがどんな状態にあるかは、以下のような言葉で表されます。

赤血球のサイズ
大球性普通よりも大きい
正球性普通の大きさ
小球性普通よりも小さい
ヘモグロビン濃度
正色素性血液中のヘモグロビン濃度が正常
低色素性血液中のヘモグロビン濃度が低い

種類は大きく3つに分けられる

貧血は、小球性低色素性・正球性正色素性・大球性正色素性の3タイプに大別されます。
これらの名前は、上記の言葉の組み合わせにより構成されています。
なお小球性低色素性貧血・正球性正色素性貧血・大球性正色素性貧血には、それぞれ以下のようにさまざまな種類があります。

小球性低色素性貧血

貧血のなかで最も多いのが鉄欠乏性貧血であり、小球性低色素性貧血に分類されます。
鉄分の摂取量が減り、体内に貯蓄されている鉄分が使われると貧血症状が表われます。
月経や妊娠などのほか、胃腸潰瘍やガンによる慢性出血が原因となる場合もあります。

正球性正色素性貧血

再生不良性貧血

正球性正色素性貧血の代表的なものに、再生不良性貧血があります。
再生不良貧血とは、骨髄の異常により血球数が減少する貧血のことであり、先天性のものと(ファンコニー貧血)と後天性のものに大きく分けられます。
白血球の数が大幅に減少した場合、重い細菌感染症にかかりやすくなると言われています。

溶血性貧血

溶血性貧血は、赤血球が壊されることで起きる貧血の総称です。
先天的なものと後天的なものとに大別され、前者には鎌状赤血球症・遺伝性球状赤血球症・サラセミアなどの種類があり、後者には自己免疫性溶血性貧血・発作性夜間血色素尿症(PNH)・バンチ症候群などの種類があります。

大球性正色素性貧血

巨赤芽球性貧血

葉酸欠乏性貧血、ビタミンB12欠乏性貧血、悪性貧血などとも呼ばれている貧血です。
名前からわかるとおり、葉酸やビタミンB12の不足により引き起こされます。

葉酸やビタミンB12は、正常な赤血球を作るのに欠かせない栄養素です。
これらが不足すると、赤血球の前身である赤芽球が異常を起こし、基準より大きいサイズのものができてしまいます。

「悪性」という名前から重い病気のイメージがありますが、治療は難しくありません。
不足している栄養素を注射などにより補充することで、比較的簡単に治すことができます。
悪性という名前がついた理由は、昔は原因不明で治療法がなかったためです。

単純に栄養失調が原因のこともありますが、胃の切除手術が引き金となる場合もあります。
胃の一部もしくは全てが失われると、ビタミンB12を吸収するための分泌物の量が足りなくなるため、十分に吸収することができなくなるためです。

【貧血cure】コンテンツ分類
  • 【貧血の基礎知識】原因や症状を知り早期治療のための検査・診断の詳細をご紹介
  • 【自分でできる貧血対策】食事・食べ物、サプリやアロマで症状の改善・予防しましょう。
  • 【貧血症状が表れる病気】がんや白血病、腎不全やリュウマチなどのサインかも!?
  • 【貧血Q&A】遺伝なの?女性に多い理由とは?運動は駄目?猫の貧血!?などの疑問を解決!
【貧血cure】コンテンツメニュー
  • 食事で治す - 貧血を予防・改善する料理レシピ
  • 飲み物に注意 - 緑茶やコーヒーは貧血に悪い?
注目記事(貧血cure)ランキング